ロードバイクのブルホーンバー化(07’Cannondale CAAD8)

Posted at 08/01/20 : Category » カスタム&メンテナンス


07’キャノンデール CAAD 8
CAAD(キャド)=キャノンデール・アドバンスド・アルミニウム・デザイン
24年間アルミにこだわり続けたキャンデールのテクノロジーが凝縮されています。
オーナーのご要望で、ブルホーンバーとDHバーの取付け、キャットアイ サイクルコンピューターの手元操作スイッチの取付けを行いました。


ビフォー。
ドロップハンドルバーのスタンダードなロードバイクです。


プロファイルデザイン エアーウィング OS
サイズ/40cm
重量/240g
税込¥4,200

タイムトライアルやトライアスロン使用されるブルホーンバー。
現在主流の31.8mm径です。(26.0mm径のモデルもあります。)


プロファイルデザイン T2+(ティーツープラス)
重量/512g
税込¥13,230
エアロバーは、突きだし・幅・角度の調整が可能です。また、アームレストは、前後位置・幅・縦角度・横角度の調整が可能です。
熱処理されたアルミ材を使用しており軽量です。


バーテープは、リッチーコルクテープ カラー/レッド と ブラック を使用します。
またテープの下にフィジーク ゲルパッドを入れて、ハンドルバーから伝わる振動を和らげ、掌に掛かる負担を減らします。


ブレーキレバーの取付け位置が決まったら、位置をマーキングします。
ブレーキケーブルをハンドルバーに内蔵する為の穴を開けます。


シマノ STIレバー の場合ブレーキケーブルがブラケットから上に向いて出ているので、ブルホーンバーと組み合わせると上手く処理できません。できるだけ、抵抗無く下に回せるようにこのような加工を行います。


ブレーキレバーをマーキングに合わせて予定の位置に組み付けます。
加工した穴を使って、ブレーキケーブルをブルホーンバーに内蔵します。


ケーブルのハンドルバーへの入り口の様子です。


上から見たところ。内側はこのようになっています。


ブルホーンバーとDHバーが装着されました。


バーテープの下に、ゲルパットを装着します。
医療用分野でも使用されている Selle Royal社のテクノゲルを使用したハンドル用ゲルパットです。
ハンドルバーから伝わる振動を和らげ、掌に掛かる負担を減らします。


バーテープを巻きます。


完成!!横から。
ブルホーンバーと最新のデザインのエアロバーの取付けで外観も戦闘的になりました。
もちろん平地の高速走行、特にロングディスタンスでの効果は絶大です。
シートポジションが合っていなかったので、同時に調整しました。


フロントビュー。


前から。


ハンドルバーのアップ。


キャットアイ サイクルコンピューターの手元操作スイッチの取付けを行いました。
ブルホーン&STIレバーの組み合わせの場合、フライトデッキはコードの長さが足りず取付けできませんが、キャットアイのこのタイプなら手元操作が可能です。

EDIT
佐々木輪店トップページに戻る ショップインフォメーション アクセスマップ 掲示板 取扱ブランド-リンク メールフォーム
佐々木輪店ホームページの各記事について 佐々木輪店ホームページで紹介されている各商品紹介は、当店の在庫を保障するものではありません。 また過去の記事も掲載しているために、現在の価格・仕様とは異なる場合もありますのでご了承ください。

月別アーカイブ

佐々木輪店-新潟市中央区堀之内南 1-1-20 〒950-0982 新潟市中央区
堀之内南1-1-20
笹出線沿い »アクセスマップ
TEL&FAX /(025)245-5633
営業時間/10:00~19:00
定休日/毎週火曜日