2019' Cannondale Scaipel-Si Carbon 4

Posted at 19/01/25 : Category » マウンテンバイク  Cannondale

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204001.JPG

キャノンデール スカルペル-Si カーボン 4
カラー/Black Pearl w / Graphite & Charcoal - Gloss - BPL
サイズ/M
本体価格¥450,000

キャノンデールXCレースモデルの最高峰。
XCレースで勝利するために生まれた真のレーシングマシンです。
最も軽く、最も強く、最高に登り、最高に下れる。すべての要素においてかつてない最速のXCバイクです。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204038.JPG

キャノンデールならではの片持ち式フロントフォーク “ レフティ ” が目を引きますがリヤドロップアウト部にピボットを持たないリヤステイやAIオフセットドライブトレイン、カーボン製のリンク、バリステックカーボンなど全身が最先端の設計です。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204036.JPG

リヤサスバイクのリヤドロップアウト部に通常あるピボットがありません。
カーボンのしなりを利用する設計で、軽量でパワーロスが少ないのが特徴です。
このバイク独特の、登りでの後ろから押されるような感覚に大きく影響している部分だと思います。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204004.JPG

片持ち式フォークの “ レフティ ” 。
2019年モデルで新登場の “ レフティ OCHO(オーチョ) ” では大きく進化しています。
外観上の変化はシングルクラウン化が目立つところです。クラウン周辺のボリュームが大きくなり剛性を確保しつつ軽量化しているようです。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204026.JPG

サスペンションのインナーチューブが下側になる倒立式を採用しています。
可動部が軽くなりさらに動きがスムーズになります。
三角形断面のインナーチューブと、同じくアウターの内側も三角形になっており三カ所の面にニードルベアリングを配しています。一般的なブッシュを使用する設計と比べて格段に抵抗が少なく、また負荷が上がるほどこの傾向は強くなります。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204028.JPG

インナーチューブを保護するガード。
ブレーキホースの配線のガイドも兼ねています。
インナーチューブにはサグからエア圧をアジャストする際に便利なOリング付きです。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204027.JPG

フォークボトムの赤いダイヤルはリバウンド側のダンパーアジャストです。
フォークが縮んだ状態から伸びるときの抵抗を調節し、スパッと戻したりジワ~ッと戻したりの調整ができます。
20段階の調整が可能です。
従来最下部にあったエアバルブがサイドに移りセッティングの作業が格段にしやすくなりました。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204029.JPG

ライダーの体重によって、推奨エア圧とダンパーアジャストが表示されています。
レフティ オーチョの大きな変更点の一つとしてブレーキキャリパーの取付け方法の変更があります。
レフティではフロントホイールを取外す際にまずブレーキキャリパーを外す必要があります。
従来のレフティでは上下2本の取付けボルトを緩めてキャリパーをずらし、またホイール装着後は再び2本のボルトで固定してキャリパーをセットする必要がありました。キャリパー取付け時に微妙に位置が変わってしまいブレーキの再調整が必要になる場合もありました。
オーチョでは1本のボルトを半回転緩めるだけでキャリパーを外すことができ、取付けも位置を合わせてボルトを半回転締めるだけで完了します。位置がずれてブレーキの再調整が必要になることもほとんどありません。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204006.JPG

シュワルベ製レーシングレイ(フロント)、レーシングラルフ(リヤ)。
前後それぞれの専用デザインです。
ホイール径はフレームサイズによって異なりSサイズでは27,5インチ、MとLサイズでは29インチです。前後共に2,25インチ幅です。
チューブレスレディなのでシーラントを用意すればチューブレスとして使用可能です。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204005.JPG

キャノンデールオリジナルのハンドルバー。
フラットタイプではありますが8度のバックスウィープと760mmの広い幅を持っています。高速性能やクライミング性能とテクニカルセクションでの操作性を両立します。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204016.JPG

複雑な形状は、強度と軽さの両立やサスペンションの作動、取り回しの良さなどを総合的に研究した結果です。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204017.JPG

大きくベンドした幅広のトップチューブは驚異的な剛性の実現に役立っています。
また電動変速にも対応するフレームであり、その場合バッテリーをトップチューブ内に内蔵します。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204035.JPG

ヘッドチューブ横の樹脂製のキャップ。
付属する部品と組み替えることでフロント変速の取り付けや電動変速にも対応します。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204034.JPG

FD装着する場合のワイヤー出口。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204033.JPG

FD取り付け台座と電動変速時のコード出口。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204009.JPG

ロックショックス製のリヤサスペンションユニットは軽量でストローク後半の踏ん張りがきくエアサスです。
リンクは軽量で剛性が高いカーボン製です。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204014.JPG

赤いダイヤルはリバウンド側のダンパー調整です。
青いレバーはロックアウト用です。
エアバルブも操作しやすい位置についています。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204015.JPG

リンクのピボットにはシールドベアリングを使用。
リヤサスユニットにはサグからエア圧を調整する際に便利なOリングと目盛りつきです。
リンクには体重からエア圧やダンパー調整を行う際の推奨値が表示されています。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204012.JPG

リヤドロップアウト部にピボットを持たず、カーボンのしなりを利用する設計でパワーロスが少ないのがこのバイクの特徴です。
コンポーネントはトゥルバティブを含むSRAMグループ製品で固められています。
12段シフト、さらにドライブトレイン全体を右側に出す、 “ AIオフセットドライブトレイン ” の採用により超ショートチェーンステイと大きなタイヤクリアランスを同時に得ることに成功しています。
またリヤホイールに常識として存在していた “ おちょこ ” の問題をスポーク角度の均等化により解決することができました。より頑強なホイールが作れるようになり、バイクコントロールのしやすさ、トラクションのかかりやすさが大幅に向上します。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204013.JPG

トゥルバティブ STYLO クランクセット。34Tのシングルリングはナロウワイドでチェーントラブルを回避します。
万一のチェーンの噛みこみの際にチェーンステイを保護するガードつき。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204011.JPG

びっしりと詰め込まれた12枚のギヤの密度とローギヤの巨大さ(50T)に驚きます。
SRAM GX EAGLE は50Tローギヤのスプロケットに対応させるために設計されたディレイラーです。X-HORIZONテクノロジーに加え、14Tの X-SYNCビッグプーリー採用により50Tカセットでのスムースな変速が可能。グレードアップしたType3ローラーベアリングクラッチは、チェーンに安定した張力を与えながらも高い静音性を実現。 ホイールの脱着を容易にしてくれるケージロックを備えています。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204021.JPG

SRAM LEVEL TL 油圧式ディスクブレーキ。
強力でありながら軽量でコントローラブルなXC向きの性格です。
リヤのローター径は160mm。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204022.JPG

より制動力が求められるフロントは180mmです。

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204007.JPG

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204031.JPG

2019%27CaScalpel-Si%20Carbon%204023.JPG


EDIT
佐々木輪店トップページに戻る ショップインフォメーション アクセスマップ 掲示板 取扱ブランド-リンク メールフォーム
佐々木輪店ホームページの各記事について 佐々木輪店ホームページで紹介されている各商品紹介は、当店の在庫を保障するものではありません。 また過去の記事も掲載しているために、現在の価格・仕様とは異なる場合もありますのでご了承ください。

月別アーカイブ

佐々木輪店-新潟市中央区堀之内南 1-1-20 〒950-0982 新潟市中央区
堀之内南1-1-20
笹出線沿い »アクセスマップ
TEL&FAX /(025)245-5633
営業時間/10:00~19:00
定休日/毎週火曜日